いわき市の不動産、売買(土地、建物)、賃貸、のことなら
エス・ケーコーポレーション

  • phone0246-23-7727
    受付時間 9:00~17:00(日祝休)
ホーム > 最新情報 > ブログ

本日より日報をあげていきます。さて、続くのか…(笑)

午前中は管理している飲食店舗の打ち合わせ。


入居予定者が「令和3年度いわき市店舗等新規出店支援事業」に申請を出すため、細かい打ち合わせが必要。
同事業は新規出店者に対し、上限150万円で1/2まで補助という率の良い補助制度となっています。
写真や図面の添付、弊社のような仲介業者の協力態勢の確認などそれなりにハードルは高いのですが、開店に係る改装工事費をメーンに使えるので、非常に使い勝手が良いなと思いました。

午後は別店舗の内見。
非常によい借主さんだと感じましたので、オーナー様に連絡。

仕事ではありませんが、明日はいわきFCのリーグ戦。
東京方面に念を送りながら、仕事をしていきたいと思います。

5期目突入

不動産業(宅地建物取引業)は5年に1度、事業更新の手続きをする必要があります。
弊社の宅地建物業の許可番号は福島(4)2350号ですが、これは過去に4回更新を行ったということになります。
今回の申請が無事通ればここの番号が(5)となります。

弊社は2人で経営している小さな会社ですが、今回の更新で(5)、5×5年で25年を迎えることとなります。
コロナ禍という考えられなかった日常が続いていますが、地域の不動産業の担う中堅社として、(5)に恥じぬ事業展開をしていきたいと考えています。

いわきFC

弊社もスポンサーに名を連ねている「いわきFC」のJFL第22節が27日、Jヴィレッジスタジアムで開催されました。
我がいわきFCは、強敵FC大阪を3-2の僅差で破り勝利。J3昇格圏内の4位以内(3位)に成績を上げました!

本当に素晴らしい試合でした。
「いわき」の名を背負った選手たちが、走る、食らいつく。
まさに死闘でした。

会場には書家・金澤翔子さんが揮ごうした巨大横断幕も設置されました。

 


今回は今季初めてJヴィレッジ開催の有料観客試合。
来場した人々の心に、力強く走る選手たちの姿が刻み込まれたのではないかと思います。

次回のホームゲームは10月18日(日)午後1時から 21世紀の森公園・いわきグリーンフィールドでの開催です!

是非大勢でご覧ください‼

相続が発生した後など、相続した土地をどうしたら良いのか分からない…そんな方も多いと聞きます。

現在住んでいる建物はともかく、相続を受けて初めて「この土地は自分の家の土地だったのか」、「こんなに税金がかかってたのか」などと分かることも多いものです。そんな時は是非、弊社にご相談下さい。公示価格、路線価、周辺の売買状況、土地の概況などから査定を実施し、出来得る限りもお客様のご要望に沿った価格で売買成立を目指させていただきます。査定だけでもオッケー!無料で査定させていただきます。

現在、数件の査定を実施するとともに、売却方法について検討を進めさせていただいています。いずれも凄く良い土地、建物ですし、より高く売却できるか、どうしたら1日も早く売却出来るかを検討している状況です。実はその部分が凄く難しいのですが、何度か打合せや様々な提案をさせていただきながら最善の方法を探していきたいと考えています。打ち合わせの中で、先代やご先祖様が懸命に働いて得た土地や代々伝わる建物などにまつわる物語、様々な人々の人柄や生き様にわずかでも触れることは、この仕事に就けて良かったと感じられる瞬間です。

そんな思いを持ちながら、頑張っていきたいと考えています。

今、一緒に仕事をしている別会社の方の自宅で飼われているネコさんです。

皆さまこんにちは、有限会社エス・ケーコーポレーションです。

弊社はゴールデンウイーク期間中は「カレンダー通り」の営業となります。
休日は29日、5月2~6日となっております。

電話とメールによる問合せにはゴールデンウイーク期間中も対応しておりますので、
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

さて新型コロナウイルスが全国、全世界的に猛威を奮っています。
いわき市でもこれまでに12人の方陽性が確認されました。東京では本日、10日以上振りに新規感染者が100人を下回り、市内でも新たな感染者が約1周間発生していません。ですが、今後も市内で陽性者が発生しないという保証はない、むしろ「ある」と思って、油断せずに生活することが必要ではないかと思います。

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1582261344207/index.html
新型コロナ情報はこちらから。

今週からゴールデンウイークがスタートし、どうしても気の緩みが出てしまう時期です。新型コロナの災厄は収まったわけではないことを肝に銘じ、自らも生活していきたいと考えています。

そしてネットには様々な噂も散見されます。私たちは東日本大震災直後、様々なデマや噂に脅かされました。不安な気持ち、新型コロナ陽性が発生した時に「どこなのか」を確認したい気持ちは痛いほど分かります。ですが、あの日デマや心無い噂に傷つけられた私たちが、コロナ災厄にあたって加害者となってはならないと思うのです。今は辛抱しましょう、不要不急の外出を避けましょう。みんなで笑い会える時まで、乗り切っていきましょぅ。

ブログを更新している担当も、出来る限り自宅に閉じこもっている予定です。

所用があり、1週間で2回程富岡町を訪問させていただきました。
双葉郡に来る時は、なぜかワクワクしてしまいます。

仙台で学生時代を送っていた為、双葉郡は学校と地元を繋ぐ道でした。両親の運転する車に乗って景色を見たり、地元でバイトして買った原付きに乗って国道6号線を走りながら「夏休みが終わって、仙台で友だちに会える」「地元に戻って久々に実家でご飯が食べられる」―そんな嬉しい、楽しい気持ちが心の中に沸き起こる場所でした。仲間たちと夜ノ森のサクラを見にいったり、富岡町の飲食店に行ったことなど、双葉郡の穏やかな風景には、様々な思い出があります。東日本大震災の前年、縁あって福島第二原子力発電所を訪問したり、福島第一原発に所長として着任された故吉田昌郎さんと一度だけ宴席でお会いすることが出来たことも大きな思い出です。

夜ノ森のサクラ(2019年4月撮影)

先週から2回程富岡町を訪問しましたが、各所に色づいたサクラが満開の花を咲かせ、本当に綺麗でした。本来であれば常磐線が全線開通し、夜ノ森を中心にお花見客で賑わっていたはずなのに、今回の新型コロナウイルスの災厄は、私たちから様々なものを奪っていっています。本当に悔しくてなりません。

コロナウイルスが落ち着いたら、ぜひ双葉郡内の各町村を訪問してはいかがでしょうか。
震災から来年で10年。常磐線も開通し、穏やかな空気が流れる中、復興に向かう各地を訪問するのも素晴らしい経験となるかと思います。

そして、弊社が応援するいわきFCのホームタウンに双葉郡が含まれました!
コロナ騒動が落ち着いた際には、Jヴィレッジでの試合も予定されています。こちらも是非ご覧になっていただければ最高の楽しさを味わえるのではないかと思います。

本日は市内某所の地主さんのお宅へ。

毎年届く「固定資産税納付書」
お父様が高齢となり、今までお父様が行っていた固定資産税の納付を行うにあたって確認したのだが
「固定資産税納付書」に載っているべき番地が載っていない、わからない番地が載っている。ぜひ一緒に確認してほしい―とのご依頼でした。

事前に「あるべき番地」「なければならない番地」をお聞きしていたので、「登記事項要約書」と「公図」を用意していざ地主さんのお宅へ。
現地を確認した後、地主さんの話を聞きながら「登記事項要約書」を紐解いていきます。

登記事項要約書には、その番地の
・持主の名前
・これまでの売買や相続の記録
・設定されている抵当権

などが記載されています。

その結果分かったことは、、、
お父様が単独で持っていた土地を車を入れる為の道路として使いたかった隣の家の方が、
道路になる部分の「一部」を買い取ったため、土地全体がお父様と隣の方の2人の「共同所有」となっていたこと。
詳細はここには書けませんが、今後隣の家の方と話し合いを行い、判明したことに端を発する様々な問題を解決していくとのことでした。

必要があれば仲間の土地家屋調査士さんや司法書士さん等とも連携を取りながら、
事態解決に向けてお手伝いさせていただければと思っています。

お父様、お母様の世代が高齢化し、初めて自分の土地について知るという方もいらっしゃると思います。
そんな時に登記事項要約書や固定資産税納付書を見てみると、自分の知らない番地があったり、何故か番地が違っていたりするるかもしれません。いや、結構あるのです。

でもそこには色々な事情や理由があったりします。
(法務局でも分からないこともあったりします…)

私たちは不動産の専門家として業務を行っていますが、
その中で境界や登記上のトラブルなどが「見つかる場合」があります。
その際には、土地家屋調査士の方にトラブルの解決をお願いすることになります。
それは不動産業者には(法律上)出来ない仕事があるからです。

ただ今回お話を伺っていくなで、不動産に関する最初の窓口として、なんでも相談していただける知識や技能をさらに身につけていきたいと強く思いました。そこからネットワークを活用して土地家屋調査士や司法書士、建築士などその分野のプロにお繋ぎする。売買から相続まで、土地のことならアイツに任せておけばヨシ。そんな身近な不動産屋さんになっていきたいなぁ…と思いながら、地主さんのお宅を出ました。

綺麗に整備された庭に咲く梅の花が、春の訪れを感じさせる。そんな1日でした。

 

#いわき#不動産#エス・ケーコーポレーション

第11回いわきサンシャインマラソン大会の中止が発表されました。
昨年は大雪で中止になったため、今年は江名港で声援を送ろうと計画していたので非常に残念です。

この日、いわき市で走ることを目的に、楽しみにしていたランナーの皆さんには市民の1人として申し訳ない思いでいっぱいです。
特に今週末は絶好のマラソン日和の予報だっただけに、どうしてこうタイミングが悪いのだろう…と悲しくなりました。

ただ、実施を決めた自治体にも賛否両論が寄せられていると聞きます。
実施するにしても中止を決断するにしても、主催者は大変な決断だったと思います。

来年こそは、真っ青ないわきブルーの空の下、全国のランナーが最高の笑顔で走られるよう祈願しています。

#いわき市#不動産会社

【土地の売却、建物の売却を行う際に気をつけたいこと】

先日、常磐地内の土地売買をお手伝いさせていただきました。
その際にお客様と話をして、気づいたことをまとめたいと思います。

土地、建物は「高額商品」であることだけを考えても、売り出して即座に買い手がつく品物ではありません。
もちろん、周辺相場などを大きく下回る価格を付ければ、売却までは多少期間が短くなるかもしれません。
しかしそれは売り手の利益が下がることに直結する為、おすすめはできません。

出来るだけ早く、高値で売りたいという場合、下記の方法をお試し下さい。

出来るだけ多くの不動産会社に売却の依頼を行う。

 

土地や建物を売る際、不動産会社1社のみに販売を依頼しようとしていませんか?

不動産会社は法律によって、売却の依頼を受けた際には
媒介契約という契約を結ぶことが義務付けられています。

これは
「この土地、建物を◯◯万円で販売するように努力します」
「売却するにあたって、一定期間ごとに報告をします」
「売却が成立した時には報酬として◯万円いただきます」
というようなことが記載されている、売主様と不動産会社が結ぶ契約となります。

この契約方式も大きく3種類あるのですが、
不動産会社に「一般媒介契約でお願いします」と依頼することが大事です。
一般媒介契約の一番大きな特徴は「他の不動産会社に同時に売却を依頼してもよい」という契約だということです。

例えば土地を売却する場合、1社に売却を依頼して広告を出してもらったりするより、
何十社にお願いをした方が、売れる率は上がります。

そんなことしていいの?
いいんです!

不動産会社が仲介する場合「仲介手数料」が発生します。
具体的には1000万円で土地が売れた場合、その3%+6万円+消費税が手数料となります。
つまり36万円+消費税で39万6000円が不動産会社に支払うお金ということになります。

1社に依頼した場合、売却が成立した時に払うお金は39万6000円となります。
一方で何十社の不動産会社に売却の依頼をして、売買が設立した際にはどうなるか。
これも売主のお客様は39万6000円を払うだけ。同じ金額なのです。

何十社の中からAという業者が買い手を見つけてくれた際、売主様はA社にこのお金を支払います。
つまり何十社が関わろうとも、買い手である1人のお客様を見つけてくるのは1社だけです。

もちろん2社が共同してお客様を見つける場合もあります。
てすが、売主が支払う金額は「売却価格の3%+6万円+消費税」の金額だけです。
その金額を2社が分け合うというだけなのです。

大きい業者さんには大きい業者さんの強みや販売ルートもありますが、
我々のような小さな業者にも独自のルートや情報などがある場合もかなりあります。

なるべく早く、適正価格で売却を行いたい場合は、何社にも声かけを行い、
不動産業者間で競わせるという手法も非常に効果的なのです。

弊社でもあらゆるお客様の売却依頼を受け付けております。
お気軽にご相談下さい。

有限会社エス・ケーコーポレーションは本年より、いわきFCのアクティベーションパートナーとして活動を応援しています。
いわきFCは、サッカーだけではなくあらゆるスポーツを通して「いわき市を東北一の都市にする」を目標に掲げて活動をしています。
ぜひともにいわきFCを応援していただければと思います。

担当Kは、いわきFCの試合の際、スネア(小太鼓)をただかせていただいています。
昨年5月の試合を応援した際、たまたま太鼓を叩いて今に至っています。

試合の際には太鼓を叩くだけ叩きヘロヘロになりますが、
選手の活躍を信じて毎試合楽しんで叩いています。

いわきFCの試合はホームの場合、いわきFCフィールドで
無料で観戦可能となっています。特別なチケットや申込の必要もありません。
ぜひ一度会場に足を運んでみてください!

最近の投稿

月別一覧